スポンサーサイト

  • 2014.03.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北海道旅行の観光スポット-道南温泉

◆北海道旅行の観光スポット-道南温泉


北海道旅行は、誰もが一度は憧れるもの。道南だけでも、北海道の所と温泉が相当に多く存在しています。

まず北海道の玄関口として知られる函館。
函館山から眺める夜景は、ナポリ、香港と並んで世界三大夜景の一つに数えられています。
時計台で有名な札幌は、街並みも美しく、市内の中心にある大通公園は“さっぽろ雪祭り”の舞台となるところでもあります。
景勝地としては、大沼公園や洞爺湖、支笏湖、登別の地獄谷、“蝦夷富士”として名高い羊蹄山、それに昭和新山などが旅行者に好まれる観光スポットです。

房総半島の温泉

房総半島の温泉地では養老渓谷や鴨川などが有名ですが、七里川温泉も是非、候補に入れてください。
七里川温泉に行く場合、周辺の観光スポットとして大多喜城や久留里城があります。
また養老渓谷、七里渓谷も美しいですね。
特に秋の紅葉シーズンはお勧めです。是非どうぞ。

ランプの宿の中にある青荷温泉

青森県黒石市にある、ランプの宿の中にある青荷温泉は秘湯として知られています。
ランプの宿と言われるだけあって電気がないのが特徴です。
ランプの明かりで過ごすといったこだわりが温泉旅行客を惹き付けています。
もちろん、夜になれば温泉もこのランプの灯りの中で入ることになります。
その独特な灯りが人気なのです。
冬になればもちろん雪がふるので、雪見露天風呂がこの宿でも楽しめます。
ただ、電気の代わりにランプの灯りやかまくらの中にろうそくを灯したものが使われます。
その灯りの中で見る雪景色は幻想的です。
冬にランプの宿で入る温泉は他の宿でなかなか味わえないものになりそうです。

蔵王温泉が賑わう冬

蔵王温泉が賑わう時期はやはり冬です。
蔵王で冬に有名なものとして、樹氷があげられます。
冬にしか見られないとあって、スキー客や観光客で賑わいます。
もちろん、昼でも樹氷は見ることができますが、夜になればライトアップされ、幻想的な雰囲気をかもし出します。
12月末から3月上旬にライトアップされるので、樹氷を見るついでに温泉旅行を楽しむという人も多いです。
樹氷が見る事ができる時期には樹氷まつりが温泉街で開催されます。

湯布院の金鱗湖

湯布院への温泉旅行に行ったら是非行って欲しいのが金鱗湖です。
この湖の特徴は水が温かいところにあります。
半分は温泉、半分は冷泉が湧くため温かいと言われています。
特に冬には金鱗湖から湯気が出ているのです。
湖一面から湯気が出ている風景は何とも言えません。冬しか味わえないので行ってみる価値はあります。

selected entries
categories
links
sponsored links